【バズネタ】鳥取砂丘から古いファンタが出土!貴重な物と判明!

こんにちわ。筆者Tです。筆者の生まれ故郷である鳥取県から貴重なニュースが舞い込んできました。

鳥取砂丘ビジターセンターが2月16日、古いファンタグレープの空き缶を発見。

「本日、鳥取砂丘から出土したものです」とTwitterでいつの時代の物か情報を募集したところ、とても貴重な年代のファンタの缶だということが判明しました。

最終的に1970年代のロゴということが判明し、話題を呼んでいます。
比較的状態も綺麗。

砂丘の乾燥した風土が缶を良好な状態に保ってくれてたんですね…なんともすごい!

【広告】

Twitterに続々と情報が!

以下は鳥取砂丘ビジターセンターが投稿したツィートです。

鳥取砂丘ビジターセンターのツィート

同センターが1970年代の代物ではないかと目星を付けてTwitterに情報提供を呼びかけたところ、ユーザーからは「1955年~1970年のロゴ」ではないか?

「初期のタイプのファンタの缶」「列車内自販機とかの特殊販売用な気が」といった情報が続々と送られてきました。

ファンタ:砂に埋れる写真
何とも言えない佇まいで出土されたファンタグレープ缶…

ここまできれいな状態を保って出土されたのは奇跡ではないでしょうか。
恐るべし自然の力。

ファンタのTwitter公式アカウントも反応!

そしてつぃにはファンタの公式アカウント(@Fanta_Japan)が反応しました。

「これは1968~1974年に発売されたファンタグレープ…! なかなかお目にかかれない、とても貴重なものです! 投稿してくださってありがとうございます」と、約7年の間だけ製造されていた缶のデザインだったことが判明しました!

これはびっくりですよね…!およそ40年前後も砂丘の砂の中に埋まっていたわけですから…!

筆者は同じと同じ元鳥取県民ですが、どうも鳥取県はニッチなネタが豊富な気がしてなりません(笑)

他にも続々とTwitter民から声が寄せられる!

Twitterでは

「今から約50年前、まだ高校生だったゴダイゴのタケカワユキヒデ さんが、ご学友達と鈍行で埼玉浦和から鳥取砂丘迄行き、砂丘で麻雀をやり続け火膨れ出来るほど日焼けした逸話があるのですが、その当時に埋まった物なんですね」

と言ったコメントや、「昭和の遺跡ですねえ。 デブ缶(350㎖)だから、西日本のモノだと思います。 40年以上前のものだと思うんですが、それにしては全然錆びてなくてキレイですよね。」

と、時代を感じさせる&地域性が感じられるコメントが続々と寄せられました。

鳥取砂丘ビジターセンターは補足説明として「観光地としての鳥取砂丘になった後のモノ」だと時代の背景論も説明。

この時代のファンタが50年近く埋もれていたわけですが、果たしてファンタ自身は何を感じ、何を思って長い時を過ごしたのでしょうかね…

Twitteの反応を受けて鳥取砂丘ビジターセンターが出した憶測

様々なコメントを受けて鳥取砂丘ビジネスセンターがユーザーに返答したコメントです。

①風による砂の移動で露出し、 出土したこの缶について 引用ツイートや、 返信ありがとうございます! 一晩経った現在、 ・太めなので地域差があった記憶がある  おそらく地域限定(西日本〜長野) ・70年代前半 と情報いただいております。 ちなみに砂を取り除いた缶の内部は 全く錆びていません

②そろそろつぶやいてから1日。 沢山の反応と、返信、引用ツイートありがとうございます! 皆さんからの情報を総合すると、 ・1955年〜1970年のロゴ、  おそらく缶タイプのファンタ初代(1972年or73年頃)で間違いなさそう ・長野〜西日本限定? ・やはり50年近く砂に埋まっていたもの のようです!

③鳥取砂丘が天然記念物になったのが1955年、山陰海岸国立公園が国立公園になったのが1963年ですので、 観光地としての鳥取砂丘になった後のモノ、でもあります。 返信などをくれた方の中には、その当時の砂丘を訪れた人もおられるかも知れませんね。

引用元:https://twitter.com/Sakyu_visitor/status/1361923930978725889?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1361923930978725889%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fnlab.itmedia.co.jp%2Fnl%2Farticles%2F2102%2F21%2Fnews017.html

鳥取ビジネスセンターによると最初は缶の一部が見えており、単なるゴミだと思って引き抜いたところ、全くみたことのないデザインのファンタだったことから記録用に撮影したとのこと。現在はこの缶は、他の貴重で珍しい発見物とともに一緒に同センターに保管してあるそうです。

まとめ

如何でしたでしょうか?
こんなに年代が経ったのに当時の姿をそのまま保った出土物も珍しいですよね!

広大な鳥取砂丘には、まだまだ他にも珍しい色んなものが埋まってそうで夢が広がりますよね!

同じ鳥取県民として今後もへんてこな県、鳥取県にフォーカスを当てた記事を書いてみたいと思います!

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ