「チボリオーディオ」の実際の評判は?実機でレビュー!

皆さんは普段音楽を聞くときどんな機器で聴いていますか?
スマホ?ブルートゥーススピーカー?それともコンポ?

世の中には音楽を聴く手段が沢山ありますよね。
筆者も音楽が大好きなので日頃は高価なAV機器で音楽を聴きながら原稿を書いたり、自営業のお仕事をしたりしています。

でもたまに聴き廻した音楽ではなくてFMラジオとかも聴きたくなるんですよね。
筆者が暮らす東京は、TOKYO FMなのですがとても充実したニュースや音楽チャンネルを配信していて好きです。

むしろラジオで音楽を聞く人も多いのではないでしょうか?
そんなあなたのためにオススメしたいラジオが「チボリオーディオ モデルワン」(Tivoli Audio Model One)です!

今回は10年以上使い込んだモデルワンを実機レビューしてみたいと思います。

【広告】

チボリオーディオ・モデルワンとは

このラジオ、とにかくラジオのクリアな音声だけではなく、PCやスマホに入った曲もAUX端子やBluetoothで接続すれば、音楽もダイナミックな音質で聴けます。
そして更にインテリアの一部としても秀逸なんですね。

そんなチボリオーディオの魅力をたっぷり紹介したいと思います!

以下、公式サイトからのチボリオーディオブランドの紹介引用文。

革新的な構造で低音を再現するエアサスペンション・スピーカーを開発したヘンリー・クロスによって2000年に創設されたTivoli Audio社の代表作。

Tivoli Audioは 世界オーディオ業界名誉殿堂に選人されたヘンリー・クロスと彼の長年のビジネスパートナーであるトム・デベストによって2,000年に設立されました。

その後、ヘンリーは自身の人生をかけた研究の成果を一般の人にこそ味わってもらいたいとの思いで、Model8のコンパクトで高性能な真空管ラジオのコンセプトを踏襲し、受信を改善するために携帯電話の基地局で採用されていた最新の技術を利用した初のテーブルラジオ「Model One」を開発しました。

そしてこの製品を販売する目的で、トムデベストとともに2000年にTivoli Audio社はにマサチューセッツ州ボストンで設立されました。

Tivoli Audioがリリースするすべての製品は、その生涯をHi-Fiオーディオに捧げてきたオーディオ界の巨匠ヘンリークロスの長年の研究成果に裏付けされたこだわりの逸品なのです。

引用元:https://tivoli-audio.jp/

このコンセプトとヒストリーからも分かるように、チボリオーディオ・モデルワンが如何に情熱を注いで作られたか分かりますね。

このコンパクトなデザインに「音」に関わるオーディオ技術者の魂が込められているのです。

ではこの製品の具体的な魅力の世界を紐解いていきましょう。

↑こちらはブルートゥース対応の進化したモデルワン

高品質ラジオ機器でありながらHi-fi品質の音楽も聴けてしまう!

粘度のあるダイヤルが回し心地良い

チボリオーディオ・モデルワンの最大の魅力を一言で見出しにまとめてみました。

私の紹介するモデルワンは一世代前の製品ですが、ラジオの受信品質が優れており、少し粘度のあるダイヤルが細かな受信周波数の位置調整を可能にしています。

このチューニング作業がとても気持ちいいんですね。
ダイヤル一つとってもクオリテイが高く、安物感はゼロです。

ラジオの音質はとてもクリア、且つDJなどの声はとても厚みがあり温もりのある音声で聴けます。この「厚み・温もり」がこのチボリオーディオ・モデルワンの最大の特徴です。

お持ちの音楽ソースを使って音楽は聴きたい場合は、背面のAUX端子に繋いで出力することが可能です。※最新モデルの「Tivoli Audio Model One BT」ではBluetoothを使用してワイヤレスで音楽を聴くことが可能です。

シンプルなインターフェース

前面のダイヤルはクルック感のあるダイヤルで、左から

  • 電源OFF
  • FMラジオ
  • AMラジオ
  • 外部AUX

となっています。シンプルにまとめられていて、迷いなく操作ができる仕様です。

ボリュームダイヤルは粘度のある回し心地で、微細な音量の調整が可能。

豊富な端子類

背面には接続端子が集約されており、豊富なインターフェースとなっています。

背面入力端子

①FMアンテナ切り替えスイッチ
②外部FM接続端子
③外部AM接続端子
④AUX IN端子
⑤ヘッドホン入力端子
⑥録音出力端子

【音質評価レビュー】小型ながらPC音楽もパワフル&クリアな音質!

バスレフ構造が豊かな低音を実現

実際にPCとAUX端子で繋いで、PCのオーディオ機器として聴いてみますと、こんなに小型なのに低音がしっかり効いてるという印象です。

ただしドンシャリ系な音質の低音ではなく、上品で豊かな温もりを感じる低音なのです。そして音の解像度もとても高く、ボーカルのリップの音やギターの弦の擦れる音まで綺羅びやかに表現してくれます。

特に低音部分はこのようなコンパクトな製品には珍しく「バスレフ構造」を採用しており、それが中高音の厚みのある音に貢献してくれます。
木のぬくもりを感じさせてくれる厚みのある音質です。

正直オーディオを安価にしかもHi-fi音質で入門したい方は、これをラジオ兼Hi-fiオーディオ機器として購入するのは十分にアリだと思います。

但しロック等を聴く際はもう少し低音に厚みが欲しい所ですが、このサイズですからトレードオフな部分はあります。
得意ジャンルとしてはクラシックやJAZZなど繊細な音を求める音楽などではないでしょうか。

インテリアに溶け込む美しいデザイン

オーディオ機器と聞くと如何にもイカツイデザインであったり、ラジオであると何だかショボいデザインであったりと中々デザイン性に富んだ機器はなかったりします。

その点チボリオーデイオ・モデルワンは外装に天然木材を使用するという拘りで、インテリアに美しいデザインをもたらせてくれます。(技術的にも天然木材を使用すことによって音質を豊かに響かせています。)

私の持っているモデルはウォールナットの天然木材のデザインなのですが、触ると木の温もりが感じられていつまでも触っていたくなります。

お洒落な空間に溶け込み、朝の寝起きに素敵な音質のラジオが流れる…最高じゃないですか!

【広告】

チボリオーディオ・モデルワンの評価・評判

Amazonでのチボリオーディオ・モデルワンの評価を引用してみました。

単機能フェチ向けの理想の商品
ラジオとしての機能だけを果たし、且つ、重量体積そして値段の面でも「ラジオだけで何が悪い」と言い放っている、清々しい単機能製品です。

ラジオとしての機能は、普通といえば普通です。AM、FMの選局がダイヤルででき、ボリューム端子、外部入力端子、アンテナ端子などが付いています。

(外部入力端子が付いていることが唯一、ストイックさを損ねているとも言えますが)
ダイヤルとスピーカーを大きく配したフロントからは「ラジオだけで何が悪い」と言わんばかりの単機能に対するストイックさが発せられて、心地良い安心感があります。

単機能フェチという言葉があるのならば、まさにそういう方向けの製品。

引用元:Amazon

実に良い製品
文句なしの性能と品質をもっている。一台あると家の中が明るくなる。
背面には接続端子多く、ステレオミニブラグがさせるのでipodなどとも連携可能。

また、有線で電波をひくこともできる。ただし、ガリウム砒素の受信装置は鉄筋コンクリートの中でも精密に電波をひろってくれるのでFM受信は常に良好。

AMは雑音入るが、専用アンテナをつければ室内でも対応できる。

とにかくチボリはインテリアとしてもいいし、品質そのものがいい。しかも頑丈。3月11日の大震災で、うちのチボリが2メートル上の棚から落下して床を直撃しましたが、全くこわれておらず音質にも問題なかった。

引用元:Amazon

まとめ

如何でしたでしょうか?

インテリアに溶け込む素敵なデザイン性と心地よい操作性、そしてこのサイズからは想像できない豊かな音質。

いつものスマホの音楽やハイエンドな機材でのオーディオ体験も良いですが、たまには温もりのある音を聞きながら素敵な朝やドラマティックな夜を迎えてみるのも私は素敵だなと思います。

チボリオーディオ「モデルワン」。きっと一生モノのアイテムになることに違いありません。

ちなみにチボリオーデイオはモデルワンの他にも様々な製品がありますので、アマゾンなどで色々と眺めてみると自分に合った製品が見つけられると思いますよ。

また、チボリオーディオの最上位機種、「MUSIC SYSTEM BT」も詳細にレビューしましたので、良かったら合わせてお読みください^^


\MUSIC SYTEM BTレビュー!/


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ