【おすすめ】美容室御用達ドライヤー「Nobby NB3100」を買ってみた!


家のドライヤーが古くなったので、この際良いドライヤーが欲しいと思い色々探してみたところ、テスコム社の「Nobby NB3100」をAmazonで見つけました。

なんでも美容室で使われているくらいのドライヤーだそうで。確かに美容室で髪を乾かしてもらうととてもふんわりと仕上がりますよね!

女子なら誰もが憧れるサロンクオリティの夢がこのドライヤーには込められているわけです。

そんな期待を込めて相方さんの承諾も得ずにポチりしてみました。
それでは早速レビューしてみましょう!

【広告】

Nobbyは美容室でも使われている

Nobbyの実績としてセールスポイントは実際に沢山の美容室で使用されているという点なんですね。つまりは本物のサロンクドライヤーをユーザーも使うことが出来るという訳です。

実際に私の行きつけの美容室は数店舗展開しているサロンなのですが、全店舗にNobbyを使っていました。ただし美容室で使われているのは1501という低価格モデルで、こちらは最大1200Wの出力の仕様となっています。

なので、ここで紹介するNobby NB3100はシリーズのフラッグシップモデルになる訳ですね!

ワット数がひとつの目安!

Nobbyを買う前に私が使っていたドライヤーは某P社の4,000円のドライヤー。
最大出力は1200Wです。覚えておいて頂きたいのは、このワット数が大きければ大きいほど大風量=パワーとなり、髪を乾かす速度が速い=髪を過熱せずに素早く乾かし熱からダメージから守る!ということになります。

他のドライヤーを購入する際にもこのワット数が一つの目安になりますので、是非覚えておきましょう。

さて、本題ですが今回購入したNobby NB3100は1500W。この300Wの違いが今までのドライヤーとどう違いが出たのでしょうか?

風量は三段階で切り替え可能

瞬間風速で髪が乾くッ!

使ってみて某P社のドライヤーとの違いは一目瞭然でした!Nobby NB3100は600W、1000W、1500Wの3種類のモードがるのですが、1500Wのモードで髪を乾かしてみたところ、まるで車の外に顔を出して「あぶぶぶ!!!」となるほどの風量の風が吹いてきて、あっという間に髪が乾きました!

ちなみに私の髪はセミロングの前下がりボブ。
毛量は少ないほうです。

髪の毛が早く乾くということはそれだけ熱ダメージから髪を守ることが出来るということ。また、ワット数別に冷風モードに素早く切り替える事ができます。

髪は熱を受けるとキューティクルが開き、冷めるとキューティクルが閉じます。

大風量の熱風で素早く乾かし、すぐに同ワット数の冷風モードでキューティクルを素早く閉じる。このダブルプレイが髪をダメージから守りつつすぐにセットアップできる素敵な部分だなと感じました。パワーは最高!パワーは偉大なり!といったところです。

COOLスイッチをスライドさせると冷風モードを維持できます

少しだけ省エネとは言い難い

残念なところというか、仕方のないことなのですが1500Wという大風量は省エネとは少し言い難いですね。サロンは商売でずっとドライヤーを使うわけですから、低価格モデルのNobby 1501を使う理由がここにあるのかも知れません。

但しおうちは別!毎日のお風呂上がりに使うものですからそんなに長時間使用するわけではありません。

前述した髪のダメージを守り美しい髪質を保つために私は是非上位版のNobby 3100を使って欲しいとオススメします。

その他細部のレビュー

他にもサロンドライヤーにはお馴染みの「マイナスイオン」スイッチが付いているのも嬉しいところ。

ただしこれはさすがにどう効果があるか分からないためレビューはできませんね(^_^;)

サイズは折りたたみ式のドライヤーを使い慣れた人にとっては一回り大きい&重たいです。でもあまりデメリットにはならないでしょう。

旅行用は折りたたみ式の安価なドライヤー、家では据え置きとして使うサロンドライヤーと切り分ければ良いかなと思います。

最後にお値段ですが、2021年2月中頃のAmazonのお値段は¥9,328です。これを高いか安いかをどうみるかは皆様の判断ですが、ずっと使い続けるものですから私は安い!とオススメします。

競合製品の選択肢はあるのか?

私は購入していませんが、競合他社で言えば有名なところでパナソニックの「ナノイー」シリーズが挙げられます。

私も当初はこちらのフラッグシップモデルを購入予定でしたが、かなりお高い値段のため断念しました。

ナノイーシリーズの良いところは折り曲げれてしかもコンパクトなんですよね!うーんこれは悩ましい…。技術的にはナノイーはマイナスイオンではなく、独自の水分発生装置を搭載しており、それがすごく髪の保湿に良いのだとか。

コンパクトで大風量、しかも新技術の「ナノイー」に興味があり、且つ値段に惜しみのない人はこちらも選択肢に入れてみるのも良いかも知れません。※私も将来買うかも…笑

【広告】

まとめ

如何でしたでしょうか?神(髪)は細部に宿る!ではありませんが、ヘアケアにおいて日々使うドライヤーはずっと長く使う製品であり、そうそう壊れることも買い換えることもありません。

これを機会に髪質改善のためにもドライヤーを見つめ直してみては如何でしょうか。

1万円を切って本物のサロンドライヤーがすぐ手に入る!私の最初の記事のオススメ商品のご紹介でした。

シェアしてくれると嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
error: Content is protected !!