優しく換気を促すCO2センサー【CO x CO Cube(ココキューブ)】

製品提供:株式会社アイキューカンパニ

今の御時世、窓の換気ってコロナの影響もあったりして、家でも、会社でも、お店でも神経質になる部分ですよね。

でも開けっ晒しも雨が降ってきたり虫が入ってきたりで中々難しいところ。

そんなとき、適切な二酸化炭素濃度を知らせてくれて、換気を促すタイミングを知ることができればすごく便利だと思いませんか?

今回紹介するガジェットは、そんな悩める換気のタイミングを視覚的に分かりやすく、しかもオシャレに知らせてくれるアイテムです。

その製品の名は「CO x CO Cube(ココキューブ)」です。

【広告】

CO x CO Cube(ココキューブ)とは?

Image:株式会社アイキューカンパニ

「CO x CO Cube(ココキューブ)」はあなたの環境に合わせてまるで呼吸するかのようにゆっくりと点灯して、二酸化炭素濃度を知らせてくれます。

同製品は現在クラウドファンディングの「Makuake」にてプロジェクトを実施しており、現在出資者を募集中です。

本製品の特徴なのですが、キレイな空気の環境ですと、青〜緑へとゆっくりアクリルキューブが点灯して、空気が清浄であることを教えてくれます。

その色の明減がとても美しく、ミニマルなデザインと相まってとてもエモいのです。

Image:株式会社アイキューカンパニ

そして空気が汚れてきますと、アクリルキューブは緑〜赤へと色が変化していきます。この状態になりますと空気の換気が必要になります。

Image:株式会社アイキューカンパニ

上記画像内の段階を経てキューブの色が変わっていき、換気のタイミングを教えてくれますのでとても分かりやすいです。

情報表示などで伝えるのではなく、色の変化で換気の必要性を教えてくれるのは下手なテキスト表示よりも分かりやすいのかもしれません。

CO x CO Cube(ココキューブ)PV

Video/ IQ COMPANY/Youtube

PVに「CO x CO Cube(ココキューブ)」の魅力が分かりやすく紹介されていますので、是非一度御覧ください。

CO x CO Cube (ココキューブ)のざっくり感想

「CO x CO Cube(ココキューブ)」を実際に触ってみて筆者が感じた魅力を、ざっくりと述べたいと思います。

オススメポイント

✔キューブのデザインが美しくどんなインテリアでもマッチすること
✔まるで呼吸するかのように美しくLEDが光るエモさ
✔視覚的に空気の状態が分かりやすく換気の目安になること
✔ミニマルなデザインなのでどこに置いても困らないこと
✔軽いので移動に困らないこと
✔電源を入れるだけなので操作や設定の必要がないこと
✔光の揺らぎをいつまでも眺めたくなる癒やし要素
✔電源端子がUSB Type-Cであること

【広告】

色んなシーンで使えるCO x CO Cube(ココキューブ)

「CO x CO Cube(ココキューブ)」の利用シーンは様々です。

例えばノマドワーカーであれば、スタバなどに持ち出してCO2を測定しておけば、人が増えて二酸化炭素濃度が増えた場合製品が色で教えてくれますので、退店の目安になったりとか…

他にも以下のような利用シーンが考えられます。

Image:株式会社アイキューカンパニ

お店などでの利用

精巧なキューブのデザインは完成度が高く、どんな店舗の雰囲気にも馴染み、お店の魅力をより引き立ててくれます。カフェや雑貨屋さんに似合いそう。

レジカウンターなどに置いてあったら思わず目が言ってしまいますね。

Image:株式会社アイキューカンパニ

会議室などでの利用

人の密度が高くなりがちな会議室や、休憩室などでは二酸化炭素濃度が高く「CO x CO Cube(ココキューブ)」の真価が最も発揮しやすい場所と言えるかも知れません。

コンパクトな設計ので、会議室のテーブルに置いても資料の邪魔になりません。

Image:株式会社アイキューカンパニ

個人での利用

フリーランスのデスクや、レンタルオフィスなどでの利用もとても効果的だと思います。デスクを彩るオブジェクトとしても素敵です。

何よりも、ガジェット好きの心を鷲掴みにするミニマルデザインがたまりません。

製品の使い方

Image:株式会社アイキューカンパニ

「CO x CO Cube(ココキューブ)」の使い方はとても簡単です。

  • まずは人が集まりやすい場所に設置します。筐体の底に空いている穴から感知用の空気を取り込みますので、なるべく平坦な場所に設置してください。
  • 製品に付属しているUSBケーブルを使用して、USB電源に挿してください。
  • 使用環境の空気の状態によってアクリルキューブの色が変化しますので、状況に応じて換気を行ってください。

たったこれだけです。

製品の一番のこだわり

Image:株式会社アイキューカンパニ

開発陣が何よりもこだわったのはアクリルキューブの「光らせ方」。

情報表示も音もしない「CO x CO Cube(ココキューブ)」はとてもシンプルなキューブなので、光らせ方に一工夫をして魅力付けをする必要がありました。

そのために様々な試行錯誤を繰り返し、ある日思いついた「CO2=呼気」というイメージの元、キューブに呼吸のイメージでゆっくりと点灯させ、そして色や明るさの変化の周期を変えてみることで、魅力的な製品が誕生しました。

筆者も実際に製品を使用してその魅力に触れてみましたが、GIF動画では伝えきれない魅力のある光り方をして目を楽しませてくれます。

CO x CO Cube(ココキューブ)を設置してみた

当オフィスは1K8帖の二人暮らし。CO x CO Cube(ココキューブ)を設置して様子を見ましたが、酸素濃度は青いままでキレイな空気を維持しています。

一日中電源を入れてみましたが、変化はなし。

当オフィスの空気は正常な状態のようです^^
呼吸のようにゆっくり明減する灯りはとても神秘的で見ていて飽きません。

何も変化がないのもレビューにならないので「CO x CO Cube(ココキューブ)」の筐体底面の穴に試しに息をハァ〜と吹きかけてみたところ、数秒後に緑から赤へとゆっくりと色が変わりました。

ちゃんと動作している証拠ですね。

ちなみに色の変わり目は写真では中々表現しづらいのですが、美しくグラデーションのように色が変わって点灯しました。

サイズ的には指三本に収まるミニマルデザインで置き場所には困りません。

開発陣の開発秘話には沢山のプロトタイプがありますが、ゆきついたこの形状に至るまでたくさんの苦労があったに違いありません。

インターフェースは何もなく、筐体側面にUSB Type-Cの端子があるだけ。
ボタン類も一切なしで、箱から開けてUSBケーブルを繋ぐだけですぐに使えます。

ガラスキューブの部分は側面からは光源が見えず、上部からのみ光源が見えるマジックミラー的な仕掛けが立体的に見えて、ガジェット心をくすぐります。

見ていてとても幻想的で不思議な雰囲気です。

光の明減だけでも楽しいですが、こういう仕掛けがあると長く観賞用としても楽しめるガジェットであります。

【広告】

仕様

まとめ

私達にとって大切な「空気」。

その開発に真摯に向き合い、努力の果に完成したのは美しいミニマルデザインのCO2センサーライトでした。

ちっちゃなモノが大好きなミニマリストの筆者には思いっきり刺さった製品です。

空気の換気に悩む読者の皆様「CO x CO Cube(ココキューブ)」は現在クラウドファンディングの「Makuake」にてお買い得で購入が可能です。

これを機会に店舗・オフィス・自室の空気と向き合ってみませんか?

きっと「CO x CO Cube(ココキューブ)」のその美しさの虜になると思います!

以上編集部員TOMOがお送りしました!


\Makuakeで製品を購入する!/

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ